All & Sundry 録音&動画完成

スタジオ・レコーディング
この記事は約2分で読めます。

こんにちわ。

岩崎将史です。

 

4月にフルハウスでレコーディングさせて頂いたAll & SundryのCDが発売となりました。

ヴォーカルとアコースティックギターのDUO(2人)です。

 

今回、「CDを作りたい」と相談を受け初めてお会いしたお二人ですが、共通の知り合いが多く話が弾みました。

 

録音当日、15:00頃にスタジオにお越しいただき、早速、レコーディングを開始しました。

ギターは砂辺さん。

アコースティックギターと行っても、ガットギターというナイロン弦のギターです。クラシック・ギターとも言われたりしますね。よくフォークソングなどの弾き語りで使うギターは、スチール(鉄)弦です。

 

繊細な音色ですので、歌とは別のブースで分けて録音することにしました。

ヴォーカルの鈴木さんを窓ガラス越しにみながら、同時に演奏しての録音です。

 

初めて録音をさせて頂いたお二人ですが、とても上手な演奏でした。

3テイクほど録音し、1曲があっというまに終了。続けて残りの曲も収録し、全部で3曲をゆったりのんびりと3時間ほど掛けて録音しました。

録音終了は18:00。

 

そして、そのままミックスへ。

 

ちょうど夕飯の時間ですので、ミックスしている間に食事に出て頂きました。

お勧めの蕎麦屋を紹介し、好評でしたよ。

 

で、戻って来て頂いた時には大まかなミックス完了。

その後、お二人に聴いてもらいながら、微調整をし、その日のうちに完成しました。

 

とてもスムーズにすすみまして、良いアーティストは応援したくなります。

うちのスタッフに視聴用動画を作ってもらいましたので、是非、聴いてみてください。

 

CDプレスもフルハウスお勧めの工場で手配しましたので、音の良いCDになっていると思います。

パッケージが面白くて、このCDはお二人の手作りとなっていて、4種類から選べます。

 

フルハウスのWEBショップでも購入できるようにしましたので、是非チェックしてみてください。

>>フルハウスWEBショップで「All & Sundry」のCDをチェック<<

 

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました