Zepp名古屋でのライブレコーディング【Cool-X】

ライブレコーディング
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、岩崎将史です。

この前の日曜日はZeep名古屋でのライブレコーディングのオーダーでした。

名古屋の男性グループ、Cool Xという5人組のライブ。

スポンサーリンク

前日にシステムチェックをして入念な確認

ライブレコーディングは時間が決まっていて一度しかないので、失敗が許されません
前日に本番と同じシステムを構築し入念にチェックします。

システムを組んで実際にまわしてみて、途中で止まらないか?問題がないか?を確認します。

業界用語で「まわす」というのは、「レコーディングする」という意味です。
昔はテープを回していたところから来ていますが、その後もハードディスクを回していたので「Rooling」と言っていました。
SSDになったら変わるのかな?

今回もセットアップから始めると半日ほど時間を費やしました

こうした入念な確認がライブレコーディングの無事故記録を更新していきます。

メインとバックアップの万全の2セットのレコーディングシステム

今回もいつも通りにメインとバックアップの2台のレコーダーシステムを用意しました。

  • メインレコーダー
    • ProTools
    • APOGEE Symphony I/O
    • Millenia HV-3D & REVAC NM-800
  • バックアップ
    • Logic pro X
    • RME Fireface UFX
    • Millenia HV-3D & REVAC NM-800

マイクスプリッターにて完全にパラレル分岐したあとに、それぞれのゲインアンプを通ってレコーディングします。

デジタル分岐だと、大元のデジタルI/Oがトラブルを起こすと、その時点でレコーディングができなくなってしまいます。

少しコストは上がりますが、32チャンネルまでの小規模チャンネル数の場合、僕はまずはアナログをおすすめしています。

サウンドハウス
RME ( アールエムイー ) / Fireface UFX+
 

早朝に入りライブレコーディングのシステムをセットアップ

機材車に積み込んだフルハウスのレコーディングシステム
車両に積み込んでレコーディングシステム

本番は午後の公演でした。

僕らは6:00に機材を車に積み込み、7:00にZepp名古屋に入りました。

搬入口より積み込んで、ステージ上手袖にセットアップ。
電源、マイク回線などを繋ぎこみます。

Zepp名古屋に組んだライブレコーディングシステム
Zepp名古屋に組んだライブレコーディングシステム

ワイヤレスマイクや音楽ソースが、問題なく記録されていることを確認。
この辺はPAさんとの関係上、先に確認しておきました。

ライブレコーディングで重要なオーディエンスマイク

Zepp名古屋のバルコニーにセットしたオーディエンスマイク B&K4006
上手バルコニーに設置したオーディエンスマイク

ライブレコーディングではオーディエンスマイク欠かせません
これはPA音響には必要がないものなので、レコーディングチームが別に立てます。

完成の入っていないライブ映像とかを見ても、面白くないですからね。

下手にも立てました。

マイクはいつものB&K4006
絶対に落ちないように3重に固定。

ちょっと湿度が高い日でしたので出すのを躊躇しましたが、徐々に空調が効いてきて安定してきましたので設置しました。

客席からの見え方もチェック

客席から見たときに、邪魔にならないかをチェック。
コネクタのラベルテープの色が気になるかもと思いましたので、黒のテープで隠しました。

本番に向けて全員でリハーサル

リハーサルを進めるFOH

関係各所のセットアップが終わり、リハーサルが始まりました。
全員で少しでも良い本番にするために、必要があれば変更が加えられます。

レコーディングチームもそれらに追随して、調整を追い込んでいきます。

良い感じでリハーサルも終わり、本番の時間を待ちます。

当日にハードディスクにコピーしてクラアインとへお渡し

無事に本番が終了しました。
本番の中身については、流石に書かない方がよいともうので、割愛します。
プロデューサーから書けと言われれば追加するかも(笑)

本番終了と同時に、クライアントからお預かりしたハードディスクに収録データをコピーを開始。
15分ほどでコピーが終了しましたので、プロデューサーにお渡しし納品完了となりました。

ただし、もしもの事態を考えて、データはしばらくこちらでも保管します。
万が一、後日の作業でデータが読めなくなったなどのトラブルがあれば、連絡いただければ対応するようにしています。

その後、機器を順番にバラしていきます。

「バラす」は業界用語なので念のため補足。
解体作業から搬出までの撤収作業の舞台用語。

再び車両に機材を積み込んで、スタジオへと戻りました。
1日の業務が無事に終了。

皆さま、お疲れ様でした。

ライブレコーディング、どこへでも行きます。

こんな感じで、全国どこへでも出張もしております。

それでは、また。

ライブレコーディングの人気記事

【名フィル】オーケストラ・コンサートのレコーディング【愛知県芸術劇場】
ブルーノート名古屋でのジャズライブのレコーディングシステム|佐藤竹善さん編
Zepp名古屋でのライブレコーディング【Cool-X】
【Mt.RAINIERホール渋谷】Avid SC48|MacBook持っていくだけ【簡単ライブ録音】
夏木マリLIVE密着番組|【ライブレコーディング】ON AIR です

コメント

タイトルとURLをコピーしました