MION 「Alive」

サウンド・プロデュースの仕事
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、岩崎将史まさふみです。

作編曲、サウンドプロデュース業を株式会社フルハウスという会社で経営しながらやってます。
音大で教えたりもしています。

今日は僕が編曲、録音、ミックス、マスタリングなどのを担当したMIONさんの新曲「ALIVE」について書きたいと思います。

スポンサーリンク

編曲、演奏、録音、ミックス、マスタリングを担当

MIONさんの前作「Summer Magic」は、編曲から演奏、録音、ミックス、マスタリングとサウンド面のほぼ全てを担当させていただきました。

今回も同様に担当させていただきましたが、パワーアップしています。

前作は打ち込みを基本としたポップス曲ですが、今回はロック曲。

しかも信頼するミュージシャン達との生演奏でのレコーディングが実現できました。

前作がオリオン1位をゲットできたと言う事でスタッフが頑張ってくれました。

信頼できるミュージシャン達のロックをレコーディング

下記のメンバーで録音しました。

  • MION(詞曲・歌)
  • 岩崎将史(編曲・ピアノ・シンセサイザー&キーボード・ミックス・マスタリング)
  • 林剛史(ギター)
  • 望月剛史(ベース)
  • 黒田和良(ドラム)

ライブハウスで撮影したというYoutube動画をご覧ください。

MION 『Alive』 Music Video

動画のバックバンドは残念ながら僕らではなく、MIONさん兄弟たちだそうです。

全員楽器をやっていてバンドが組めるとの事ですごいですね。

少し懐かしいメロディのロックサウンド

制作の進め方は、まずMIONさんのアコスティックギターの弾き語りmp3を送ってもらいした。

それを元に僕がメロコード譜面を作成。

LOGIC Pro XというDTMアプリでアレンジをして楽譜を作成。

MIONさん
MIONさん

少し懐かしいメロディのロックにしたいです〜

という意向を踏まえて、イントロやソロ、エンディングなどは僕が作曲を追加し編曲しました。

特にエンディングは、変拍子入れてドキッと格好良くなったんじゃないかなぁと思います。

今日はこの辺で。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました