加藤梨菜MasaP『感電』

岩崎将史です。

加藤梨菜MasaPチャンネルの「バンドで演奏してみた・歌ってみた」動画のシリーズ。
今回は米津玄師さんの「感電」に挑戦してみました。

米津玄師さんのオリジナルはコチラです。

2020年にリリースされたアルバム「STRAY SHEEP」に収録されている曲です。

created by Rinker
¥2,739 (2021/09/19 19:46:00時点 Amazon調べ-詳細)
目次

女性KEYへ転調し、完全生楽器のアンサンブルに

「感電」収録時のヴァイオリン波馬朝加さん (撮影 岩崎将史)

男性ボーカル曲ですので、加藤梨菜さんに合うようにKEYチェンジ。

それに合わせてホーンセクションやヴァイオリンなども修正を加えていきました。

原曲は打ち込みサウンドを使った現代的なサウンドですが、あえて「全て生演奏のアコースティック感」出すことにしてみました。

動画編集が激重の多人数プロジェクト

「感電」収録時の加藤梨菜さん (撮影:岩崎将史)

今回は動画編集が中々に大変でした。

「4K HDR」なのはいつも通りですが、初めてViolinとHorn Sectionも同時に参加している楽曲となりました。

編集前の下準備段階でもう2TBのポータブルSSDが一杯。

こんな投稿の状態になっていました。

いつも編集用に使っているSSDドライブがコチラ。
今回は無理くり乗り切りましたが、今後の事を考えて4TBバイトをポチりましたよ…。
懐が…。

編集序盤こそスムーズに作業できましたが、終盤の色や輝度調整作業が入りだすと、もうガクガク過ぎて何もできなくなりました。
MacBookPro16インチのフルスペックという最強モデルでもキビしい、4K HDRの10カメラ以上の編集。

そのそもノートPCでそんな編集するなという話ではありますが、いかんせんちょっとした外出時の空き時間などでコツコツと進めていたりしますので、デスクトップPCでの編集は現実的ではないんですよね。

サムネ写真なども

「感電」収録時の加藤梨菜さん (撮影:岩崎将史)

サムネイルの写真も僕が撮影していますが、最後までどれにするか悩みました。

ヴァイオリン波馬さんの写真も撮影しましたが、この日の衣装が素敵。
赤がめちゃくちゃ映えていました。

この日は2曲撮り

「感電」収録時のヴァイオリン波馬朝加さん (撮影 岩崎将史)

「感電」を収録したこの日は、もう1曲との纏め撮りを行いました。

それは次回公開予定です。

何かは、お楽しみに。

ではまた。

加藤梨菜MasaP 「感電」クレジット

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作曲家・編曲家・プロデューサー・エンジニア
どこにいても最高の音楽とサウンドは発信可能との新年で名古屋で起業。
株式会社フルハウス 代表取締役
名古屋音楽大学 非常勤講師

コメント

コメントする

目次
閉じる