只今サイトテーマ変更直後のため、一部記事のテキストがおかしくなっています。毎日1記事目標で修正していってますので、気長にお待ち下さい m_ _m

加藤梨菜MasaP – 丸の内サディスティック(椎名林檎)バンドで歌ってみた・弾いてみた

「加藤梨菜MasaP」チャンネルの新動画をアップしました。

今回は椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」です。

目次

今回は鍵盤ハーモニカが活躍する曲

「丸の内サディスティック」は鍵盤ハーモニカが活躍する曲なんですよね。

YAMAHAの鍵盤ハーモニカ「P37D」

こいつを久しぶりに吹きました。

YAMAHAのメロディカなのですが、これは通常のピアノやキーボードよりも鍵盤が小さいので、めちゃくちゃ弾きにくいのです。

僕は鍵盤を見ちゃうと音が死ぬタイプなので、なかなか慣れるのに時間がかかりましたよ。

鍵盤ハーモニカも豆に弾いていかないとあかんですね。

ただ、これに慣れると今度はピアノの距離感がおかしくなりそうですが… 😁

本当はHAMONNDのが欲しいが…

同じ鍵盤ハーモニカでもフルサイズ、ピアノと同じ幅なの鍵盤なのがHAMONNDの鍵盤ハーモニカ。

以前からコチラが欲しいと思いながらも、値段がね…。

そこそこのお値段します。

ちなみに「HAMONND」は鈴木楽器製作所という会社のブランドで、静岡県浜松の会社です。

YAMAHAも浜松ですので、鍵盤ハーモニカは浜松の特産品と言っても良いのでは無いでしょうか。

ピアノで作るグルーブ

少しピアノについても書いてみようと思います。

「丸の内サディスティック」の椎名林檎さんオリジナルの方はEギターは入っていなくて、コード楽器はピアノだけです。

ピアノでノリの作り方が凄く大切で、音の強弱や伸ばす所、スタッカートなど、心地よくなるタイミングに気を使いました。

もちろんドラムやベースのウネリの中に乗っかりながらの、位置も大切です。

そして微妙に跳ねていますので、そのあたりも心地よいタイミングを探して。

僕は職業ピアニストではないので、何となくな所でやっているだけではありますが…。


今回の動画についてはこんな所で。

今日は次の曲の録音の準備をしに譜面を書いていました。

以前に書いた配信機器が揃ってきたので、近い内にこのシリーズのアレンジや録音などのライブ配信もしていきます。

「加藤梨菜MasaPチャンネル」を汚すわけにはいかないので、僕の何でもやってるサブチャンネルでやってみようかなと思っています。

では、最後にバンドメンバーを紹介して。
また。

加藤梨菜 MasaP バンド

■加藤梨菜
「加藤梨菜marikuro」チャンネル

■MasaP 岩崎将史
ホームページ
ブログ

■砂掛康弘

■棚橋亮太朗
ホームページ

■黒田和良
「黒田和良」チャンネル

■録音:山田貴々力(フルハウス

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

作曲家・編曲家・プロデューサー・エンジニア
どこにいても最高の音楽とサウンドは発信可能との新年で名古屋で起業。
株式会社フルハウス 代表取締役
名古屋音楽大学 非常勤講師

コメント

コメントする

目次
閉じる