只今サイトテーマ変更直後のため、一部記事のテキストがおかしくなっています。毎日1記事目標で修正していってますので、気長にお待ち下さい m_ _m

back number「高嶺の花子さん」バンドで演奏・歌ってみた【加藤梨菜MasaP】

岩崎将史(まさふみ)です。

「加藤梨奈MasaP」の「バンドで演奏・歌ってみた」第3段の動画を公開しました。

今回は「back number-バックナンバー-」の「高嶺の花子さん」です。

目次

バイオリン 波馬朝加さん登場

「高嶺の花子さん」のオリジナルはストリング・カルテットのアンサンブルが入っています。

アンサンブルとまでは行きませんが、この曲はバイオリン波馬朝加さんに参加いただきました。

波馬朝加さんは、僕が音楽やサウンド面のサポートをしているシンガソングライター「佐藤美絵子」さんのライブにも参加してもらってます。

そして前回の僕のオリジナル曲「時の足おと」でも、大活躍をしてくれました。

この後もバイオリンが必要な時には参加していただく予定です。

波馬ちゃんファンの方はお楽しみ。

参加ミュージシャン

今回の「加藤梨菜MasaP」バンドは6名。

前回のオリジナル曲「時の足おと」より少ないですが、まああれは本当にラッキーというか特殊ということで。

加藤梨菜 MasaP 「高値の花子さん」 参加ミュージシャン
  • ボーカル 加藤梨菜
  • バイオリン 波馬朝加
  • Eギター 砂掛康弘
  • キーボード 岩崎将史
  • Eベース 棚橋亮太朗
  • ドラム 黒田和良

録音と撮影はフルハウスにて

録音と撮影はスタジオ「フルハウス」にて行いました。

フルハウス山田貴々力が技術面は獅子奮迅の活躍。
もちろん僕もそれなりに手伝ってはおりますが。

レコーディング生配信の予定も

レコーディングスタジオだけではなく、映像制作やライブ配信なんかの仕事も増えています。

コロナ自粛が緩和されつつありますので、「加藤梨菜MasaP」チャンネルの動画収録も次回あたりはライブ配信をしてみようか、とも考えています。

こちらの映像スイッチャーをスタジオ常設用でオーダーしています。

ですが、この情勢で入荷時期が未定なんですよね。

アマゾンに在庫はあるんですけどね…。

値段が定価の倍なんですよね。

いわゆる「転売」という奴です。

スタジオからの配信はまだもう少し先になってしまいそうです。

こちらの安いバージョンもオーダーかけて、どちらか手に入ったらやろうと思っています。

次のオリジナル曲の制作もゆるゆると

次のオリジナル曲の制作も開始しました。

特にスケジュールは決めていませんが、できるだけ早くお届けできたらと思います。

少しづつ動き出した世の中

先月はTVやラジオ関係の作曲依頼が多くて忙殺されていました。

少し落ち着いてきましたので、スタートしております。

他のメンバーも7月に入ってからは、かなり忙しくなってきたようです。

コロナ対策による自粛が少しづつ緩和され、音楽業界も動きだしてきています。

残念ながらライブハウスの休業、閉業の話も出てきています。

まだまだ先は読めない状況ですが、今は今できることに集中していきます。


「加藤梨菜MasaP」チャンネルは月に2回は、動画をアップしていく予定です。

次の動画が上がったら、このホームページでもお知らせします。

では、また。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

作曲家・編曲家・プロデューサー・エンジニア
どこにいても最高の音楽とサウンドは発信可能との新年で名古屋で起業。
株式会社フルハウス 代表取締役
名古屋音楽大学 非常勤講師

コメント

コメントする

目次
閉じる