加藤梨菜MasaP『ありがとう』

岩崎将史です。

「加藤梨菜MasaP」チャンネルの新動画をアップしました。

今回は「いきものがかり」さんの「ありがとう」にチャンレンジしました。

目次

分厚いアレンジのバラード

分厚いアレンジの曲です。

ストリングスセクションは原曲をベースに少しアレンジを加えました。

原曲は、

  • 1st Violin
  • 2nd Violin
  • Viola
  • Cello

の4つのパートからなる基本的な弦楽(ストリングス)アンサンブル。

ストリングスのスタジオ録音セッションでは良く「6-6-4-2」などと呼ばれる、18人編成で録音をします。

そんな大規模な録音撮影セッションをこの企画では今はできません (苦笑)

そこでCelloはカットして、

  • 1st Violin
  • 2nd Violin
  • Viola

の3声でそれぞれ1本づつの楽器で成立するようにリアレンジして楽譜を書きました。

ついで原曲のストリングス・アレンジのままだとメロディーと当たったり邪魔したりする所がいくつかあったので、直させて頂きました。

その時のレコーディングの録音の様子は昨年、ライブ配信にてお届けしています。

長いですが良かったらみてみてください。

そしてギターの砂掛さんもエレキとアコースティックの2つのギターを収録。

ベースの棚橋さんもTromboneソロなど大活躍して頂きました。

録音撮影は夏でした…

動画を見ると分かりますが、この曲のレコーディングは夏だったんですよね…。

9月以降で僕とフルハウスのスケジュールは超絶激務になり、やっと年が空けてから「加藤梨菜MasaP」の動画に手を付けられ初めた感じです。

仕事ではなく完全に趣味の動画ですので、撮影から編集まで全て自分でやれなければなず中々キツイ…ですが、がんばります。

次作もお楽しみに!!

クレジット

ではまた。

ありがとう_加藤梨菜MasaP_Thumbnail

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

作曲家・編曲家・プロデューサー・エンジニア
どこにいても最高の音楽とサウンドは発信可能との新年で名古屋で起業。
株式会社フルハウス 代表取締役
名古屋音楽大学 非常勤講師

コメント

コメントする

目次
閉じる