音楽や音楽の活動、製作などを学べる記事

PC・スマホ・タブレット

「西みほ」さん、レコーディング

スタジオ・レコーディングの仕事
この記事は約2分で読めます。

本日は、名古屋を代表する歌手の1人、西みほさんのレコーディングでした。

一昨年に行われた20周年記念コンサートのミックス・マスタリングに加え、新たにスタジオ収録。

西さん、抜群に歌が上手いです。そして、伴奏はギターの牛丸健司さん。名手です。

2人がブースに分かれて同時に収録。全部、一発OK。
あっという間に全曲録音終了でした。

午前10時から初めて、録音終了。少しだべって、解散からのお昼ご飯。

音も声も凄く良く、なにも加工する必要がないので、全ての作業をあっというまに終わらせる事ができます。まさにミュージシャンの鏡です。

 

はい。上手い人達だとスタジオ的には、全く儲かりません(笑)。

が、音楽とはこうあるべきです。

 

幸いな事に僕が関わるミュージシャンは、時々パンチインなどの部分録り直しや編集はありますが、大抵、皆さんツルッと決めてくれます。「ツルッと」というのはスタジオ業界用語、最初から最後までノーミスで一発で通す、という意味です。

その分、より音楽的な部分にアイディアを出し合い、意見交換ができます。

 

そんなレコーディングの予定が他にもずっと続いているので、幸せな限りです。このCDも完成の折りには、また紹介致します。

 

それでは。

 

※写真は左から、僕、西みほさん、そして名古屋のPA御大、今回のコンサートの音響・録音を行ったアクセスの尾嶋さん

メールアドレスをご登録いただけますと、岩崎将史の最新情報やブログ更新情報などをお届けいたします。
岩崎将史メルマガ登録はこちら
タイトルとURLをコピーしました