DTM・レコーディング系ノウハウ

「DTMやレコーディング関連の役に立つ記事」のカテゴリーです。

 

人気記事

CFX、Ivory II、Keyscape、QLP|4つのピアノ音源【他も】を徹底比較【2020】
LOGIC Pro X|マルチ|パラデータ|ミックス用データの作り方
ドラムトラックの書き出し|BFD3|マルチ|パラ
マスタリングの依頼どうすれば良い?【データの準備】必要なこと
【BFD3】スネアの叩きムラに悩まされる【解決方法】

新着記事

音楽 基礎講座

【ポップスオーケストラ】アレンジのオススメ資料と学び方

岩崎将史まさふみです。アレンジはどうやって勉強したら良いですか?前回の話の続きにあたりますして、今回はポップス系の場合。 クラシカルな基本スキルの上に積み上げる クラシカルな基礎は絶対必要ですよと前回は書きました。 ...
DTM・レコーディング系ノウハウ

サンプルライブラリー44.1Khzが主流問題

1990年代の後半から20年間、ずっと「これは問題だ」と言い続けていることがありました。それは、サウンドライブラリーの殆どが44.1Khzでレコーデイングされているということです。 当時は音楽クリエイター仲間でも理解してくれる人は少...
DTM・レコーディング系ノウハウ

マイクの指向性とは? 3種類【超簡単ざっくり説明】

マイクで音を拾う方向性の事を指向性と言います。 マイクの指向性はたったの3つ マイクの指向性は一般的には3つです。 OmniオムニCardioidカーディオイドFigureフィギュア 8エイト まずはこれだけ知...
DTM・レコーディング系ノウハウ

スタジオ・ワン【Studio One】マルチ(パラ)トラックの作成方法【ミックス依頼の準備】

自身で作成されている楽曲のミックスをスタジオやエンジニアへ依頼する時の、マルチトラックの作成方法について、Studioスタジオ Oneワンの場合のです。 何故マルチトラックでの搬入が必要なのか?はこちら ...
DTM・レコーディング系ノウハウ

東京モーターショー【名古屋大学の動画】の作曲【YouTube】

東京モーターショー2019の名古屋大学のAll GaN Vehicleの音楽を担当させて頂きました。YouTubeにアップされていたので紹介します。作曲・編曲・ミックス・マスタリングと全てLOGIC pro XによるDTMで制作した作品です。使用したソフトシンセも少し紹介します。
DTM・レコーディング系ノウハウ

Eギター、Eベースの録音は【ミックスのために】2つのサウンドで

EギターやEベースをレコーディングするときは、必ずアンプありと無しの2つのサウンドを同時にレコーディングしておきましょう。それだけでミックスの完成度を大幅にあげることができます。その理由や方法について解説します。
DTM・レコーディング系ノウハウ

マルチやパラとは?【DAWでのミックス】

こんにちは、岩崎将史まさふみです。 ミックス作業のオーダー時にクライアントと「マルチのWAVファイル」や「WAVのパラデータで」などのやりとりが良くなされます。 レコーディングやスタジオ系の人は「マルチ」という。DTMユーザ...
DTM・レコーディング系ノウハウ

【DTM】オススメのアンプシミュレータ【プラグイン編】Eギターやベース【2020年】

こんにちは、岩崎将史まさふみです。 僕が使っているオススメのアンプシミュレータのプラグインは下記です。 Native Instrument Guitar Rig5Waves GTR3Avid ElevenSlate Digi...
DTM・レコーディング系ノウハウ

ミックスをオーダーする際のデータ作りのポイント【マルチ・パラ】

こんにちは、岩崎将史まさふみです。 日々、楽曲のミックス作業のオーダーをいただいてますが、良く質問を頂きます。 依頼者 どのようにデータを作ってお渡しするのが良いですか? エンジニアにミックスを依頼する時の楽曲データに...
DTM・レコーディング系ノウハウ

CFX、Ivory II、Keyscape、QLP|4つのピアノ音源【他も】を徹底比較【2020】

こんにちは、岩崎将史まさふみです。 いくつかのプラグインピアノ音源を買い揃えていて、曲に合わせて使い分けています。購入を検討している人の参考になれば、と違いをブログ記事にまとめます。 ピアノ音源の比較表【プラグインシンセ】 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました