音楽や音楽の活動、製作などを学べる記事

PC・スマホ・タブレット

ディスプレイポートってなに?【HDMIなどとの違い】

ディスプレイポートってなに?【HDMIなどとの違い】_thumbnailPC・スマホ・タブレット
この記事は約6分で読めます。

岩崎将史まさふみです。

質問がきました。

質問者
質問者

グラフィックボードを購入したら見たことのない端子がついていたのですが?

何回か僕がブログでもお勧めしているグラフィックボードを購入された友人からの質問でした。

片方だけ角が斜めになっているやつ、こういう形のケーブルが刺さりそうなやつですよね。

これは DisplayPortディスプレイポート と良びます。

動画にもしてみました
ディスプレイポートってなに?【HDMIなどとの違い】

DisplayPortディスプレイポートとは?

ディスプレイポートってなに?【HDMIなどとの違い】.003

DisplayPortディスプレイ・ポート とは名前の通りPCとモニター・ディスプレイを接続するケーブルです。

僕も最初見たときはググってしまいました。

PCモニター・ディスプレイといえば、

  • HDMI
  • DVI
  • VGA

などを使っている人も多いと思います。

結論から言うと、これらの規格はもう古くてこれからは DisplayPortディスプレイ・ポート の時代です。

簡単に解説していきます。

メリットとデメリット

ディスプレイポートってなに?【HDMIなどとの違い】.004

DisplayPortディスプレイポート のメリットとデメリットを解説します。

ディスプレイポートのメリット

DisplayPortディスプレイポート のメリットは圧倒的にスペックが高いことです。

各コネクタ規格毎のスペックを表にまとめました。

端子最大解像度最大Hz
HDMI 2.04096 × 2160(60Hz)1920 x 1080(144Hz)
DVI-I / DVI-D
※デュアルリンク
3840 × 2400(33Hz)1920 x 1080(144Hz)
DisplayPort 1.4ディスプレイポート7680 x 4320(60Hz)
※ディスプレイストリーム圧縮
1920 x 1080(240Hz)
USB Type-C3840 x 2160(60Hz)1920 x 1080(144Hz)

はい。
ということで、赤線を引っ張った DisplayPortディスプレイポート が圧勝です。

8Kまで対応可能なハイスペック

4K動画を作るためにはそれ以上の解像ども必要になってきます。
4Kは 3,840×2,160 ですので、それいよりも上の解像度である5K~8Kでないと完全な動画画面を見ながらエディターツールを配置できません。

そして1920p x 1080p のフルHDでは周波数が240Hzと最大です。
ゲーミングモニターとして DisplayPortディスプレイポート が好まれているようで、速度、滑らかさなどにも影響しているのかもしれません。

各規格にはバージョンが存在します。
それらを厳密に書くと初心者には分かりにくくなるので最新バージョンだけを記載しています。

ディスプレイポートの デメリット

ディスプレイポートのデメリットは正直、見つからないのですが、こんな記事をみつけました。

「ディスプレイポートとHDMIで迷ったらHDMIを買っておけ」という記事です。
古い記事ではなく今月の記事ですね。
「性能を気にしなければ」とありますので、こういう考え方もあるのかという感じです。

ただし、「ディスプレイポートとは」で検索したらこの記事が検索順位が1位だったんですよね。
う〜ん、これで DisplayPortディスプレイポート への理解や普及が送れるのは悲しいなぁとも。

DisplayPortディスプレイポート の方が接続は安定

僕の経験は全く逆で、HDIMディスプレイだと同期に時間が掛かり画面が表示してくれない場合があります。

ディスプレイに、
「HDMIの入力信号がありません」
と表示されます。

酷いときには再起動を2~3回繰り返してやっとMac/PCと同期され表示されます。

時間効率が圧倒的に上がった

ディスプレイポート接続にしたら、こういった現象はピタッとなくなり、必ず瞬間で同期して画面が表示されるようになりました。

ディスプレイポートの方が接続の安定性は圧倒的に高いです。

該当記事の筆者の場合はその裏返しだったのでしょう。
ただし、僕からすると「ディスプレイの電源だけを切る」というシチュエーションが意味不明ですが…。

ディスプレイに繋ぐためには

ディスプレイポートってなに?【HDMIなどとの違い】.005

さて、グラフィックボード購入してディスプレイポートに古いHDMIなどのディスプレイを接続しなければならない人もいらっしゃるかと思います。

そのような場合は、変換ケーブルを購入すれば接続できます。
僕も古いモニターディスプレイには変換ケーブルで接続しています。

バージョンに注意を!

ディスプレイポートには現在2つのバージョンが存在します。

  • DisplayPortディスプレイポート 1.2
  • DisplayPortディスプレイポート 1.4

DisplayPortディスプレイポート 1.2は4K解像度までにしか対応していません。
特段の理由がない限りは8K対応のDisplayPortディスプレイポート 1.4 対応のケーブルをお勧めします。

amazonアマゾンの検索リンクを下に作って置きましたので、良さげな物を探してみてください。

僕は最近はiVANKYというブランドで揃えています。
ケーブルや接点の作りがしっかりしていてお薦めです。

念の為に DisplayPortディスプレイポートDisplayPortディスプレイポート のケーブルもリンクしておきます。

  • 8Kまで対応のDP 1.4
  • 4Kまで対応のDP 1.2

がありますので、お気をつけくださいね。
迷ったら「大は小を兼ねる」で8K対応がお薦めです。

まとめ

ディスプレイポートってなに?【HDMIなどとの違い】.006

僕自身はDVIHDMIからDisplayPortディスプレイポートに変わるし変わるべきだと考えています。

これからのモニタはディスプレイポート対応を購入しましょう

ということで、ではまた。

コメント

メールアドレスをご登録いただけますと、岩崎将史の最新情報やブログ更新情報などをお届けいたします。
岩崎将史メルマガ登録はこちら
タイトルとURLをコピーしました