音楽や音楽の活動、製作などを学べる記事

PC・スマホ・タブレット

佐藤実絵子ライブ 15周年が始まるよ

ライブ・ステージ出演系の仕事
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が表示されます

こんにちは、岩崎将史まさふみです。

繁忙期ですっかり日にちが経ってしまいましたが、久しぶりのブログ更新です。

今回は11月5日に開催された『佐藤実絵子 LIVE – 15周年が始まるよ』について書きます。

シンガーソングライター・佐藤実絵子さん

これまでも定期的にライブのサポートをさせて頂いている佐藤実絵子さん。
以前にもモナペトロやスペードボックスの記事を投稿してきました。

佐藤実絵子さんの記事一覧

佐藤実絵子さんは名古屋を中心に活躍シンガーソングライターで元SKE48の第1期生。

僕との出会いはそれ以前にNHKの音楽番組に、ソロのシンガーソングライターとして出演していた時に遡ります。
その後、第一期生としてSKE48に入られました。
SKE48は立ち上がり当初は僕がレコーディングをほぼ全曲行っていました。
そのため頻繁に僕のスタジオ『フルハウス』にお越しいただいていたという経緯があります。

SKE48卒業後はタレントとしても活動し、ラジオやテレビに出演され活躍されています。

音楽面から技術面まで

今回のライブはいつものように音楽面はもちろんですが、配信収録などの技術面も対応する事になりました。

というのも会場が名古屋・伏見の『Lion Theaterライオンシアター』だったからです。

僕にとっては夏に『加藤梨菜MasaP 1st ワンマンライブ』をおこなった会場で2回目ですが、佐藤実絵子さんにとっては初めての会場。
Lion Theaterライオンシアター』はこれまで佐藤実絵子さんがホーム的にライブを行ってきた『SPADE BOXスペードボックス』と違い

Lion Theaterライオンシアター』はこれまで佐藤実絵子さんがホーム的にライブを行ってきた『SPADE BOXスペードボックス』と違い配信などのシステムは整っていません。そのため僕の会社『フルハウス』にてライブ配信を対応することにしました。

僕の会社フルハウスではライブ配信業務もおこなっています。

フルハウスのライブ配信情報を見る

本番までの準備

音楽面はいつもどおりに、

  • 編曲(アレンジ)
  • 楽譜作成
  • ピアノ

などを行い、演奏者のブッキングやリハーサルの段取りなどなど担当させて頂きました。

2回のリハーサル

リハーサルは2回行いました。

初日のリハーサルはパーカッション山下佳孝さんのスケジュールがどうしても合わず、僕と佐藤実絵子さん、バイオリン波馬朝加さんの3名にて。

初日リハーサルまでに中々作業日が確保できず、2曲ほど編曲が間に合ってませんでした。
完成したのでは2回目の最終リハーサルギリギリ。

そして2回目の最終リハーサル。
この日は全員集合できました。

既になんども一緒にライブしているメンバーですのでサクサクと進行。
リハーサルの様子は凄く簡単にですがVLOGも作りました。

チケットはソールドアウト

おかげさまでチケットはソールドアウト。

皆様のご来場に感謝です。

本番 ライブの裏・ドキュメントVLOG

本番の様子をお届けするVLOGを作成しました。

当初は簡易にまとめるつもりでしたが作り始めたら中々に短い構成にはまとめられず、全5回の長編となってしまいましたよ…。

『ライブの裏側VLGO』全5話のYouTubeプレイリスト

僕の八面六臂、否、四面楚歌の活躍が伝わるかと思います。
ぜひご視聴ください。

技術面のシステムを少し紹介

技術面のシステムを少しだけ紹介しておきます。

映像収録システム

映像収録システムは全てフルハウスから持ち込みました。

ライブ配信やライブ動画用の本編部分はこんな感じ。

  • SONY FX6
  • SONY a7SIII x3
  • SONY ZV-E10 x2
  • BPCC

今回は有人カメラは1台。
『SONY FX6B』を持ち込み。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥854,450 (2024/07/23 21:36:06時点 Amazon調べ-詳細)

中央後方で実絵子さんを中心に撮ってもらうようアサインしたカメラマンにオーダー。

全体固定カメラは『SONY α7SIII』を2台とZV-E10の1台で系3台。
中央、上手、下手に実絵子さんを中心にねらってそれぞれ配置。
中央は有人カメラがズームできますので、引きで固定FIX。

それ以外にバンドメンバーを抑えるべく、ピアノ用には『SONY α7SIII』。
そしてバイオリン波馬朝加さん用に『SONY ZV-E10』
パーカッション用は山下佳孝さんが良いカメラを持っているので自分用に持ってきて頂きました。

大体こんな感じのカメラ構成にてライブ配信や収録を行う事が多いです。

ライブやコンサートの収録などを検討されている方はぜひご相談ください!

更にVLOG用に3つのカメラを用意しました。

『GoPro』の『Hero9』と『Hero11』を楽屋と会場に設置。
仕込みから終了までを撮影することにしました。

記事執筆次点では最新モデルはHERO12になっています

加えて新兵器『DJI OSMO Pocket 3』

こちらはアルバイトで撮影をお願いした学生に預け、VLOG用のカットを沢山撮って頂くことに。
結果この作戦は大成功で撮れ高多く前項で紹介した量感のVLOGを作る事ができました。

このカメラは凄く優秀で2台も購入してしまいました。
またレビュー記事書きます。

録音システム

録音システムはいつもどおりと言えばいつもどおりなのですが、『ProTools MTRX Studio』とプリアンプなどを持ち込んでの録音。

そうそう、今回新たな試みとしてはこの秋に新たにフルハウスで導入したマイク『MASS-Kobo model359II』。

マス工房のマイク『model 359II』

マス工房・増田雅則さんがハンドメイドで製作しているマイクでとても良いです。
今レンタルも含めてフルハウスで七本を試験導入しています。

こちらも後日レビュー記事などを書く予定です。

マイクはPA音響とも共用で、それに伴いPAオペレータも連れていきました。

ライブ配信

ライブ配信はカメラからの映像をミックスするビデオミキサー(スイッチャー))として『Rolandローランド V-8HD』

created by Rinker
Roland(ローランド)
¥297,000 (2024/07/23 09:52:35時点 Amazon調べ-詳細)

これをフルハウスのサポートメンバー・冨永征爾さんにオペレートして頂き『BMD ATEM mini pro』にてエンコードし配信プラットフォームへリアルタイムアップロードしていきました。

created by Rinker
ブラックマジックデザイン
¥40,700 (2024/07/23 09:52:36時点 Amazon調べ-詳細)

次回のライブもある?

こんな感じで、僕個人としてはそれなりの仕事量で大変な中、なんとか公演できたライブでした。
こんな感じで仕事してます。

佐藤実絵子さんのライブですが、近々に次のライブが決まるかも知れません。
SNSやアーティストWEBサイトのでも決まり次第発表します。

と上記を下書きした後に、タイムリーに佐藤実絵子さんが発表。

来年会場でお会いしましょう。

それでは今回はこの辺で。
ではまた。

コメント

  1. […] こちらの公演は終了しました。詳細をブログに書いています。ぜひご覧ください。 […]

メールアドレスをご登録いただけますと、岩崎将史の最新情報やブログ更新情報などをお届けいたします。
岩崎将史メルマガ登録はこちら
Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました