音楽や音楽の活動、製作などを学べる記事

PC・スマホ・タブレット

音楽アーティストに事務所機能が必要な理由

事務所は何故必要なのか?_アイキャッチ音楽の学び
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、岩崎将史まさふみです。

音楽活動をしていく上で「事務所」という言葉が良くでてきます。

事務所の主な役割についてはコチラの過去記事で書いてきました。

「音楽アーティストの事務所の役割」を一言で書くと「人を売る」ビジネスモデルです。

とはいっても具体的に「なぜ事務所が必要なのか?」と考える人も居るかもです。

もちろん「メリットがある」というか、そこそこ活動を軌道に乗せようと思うと「事務所なしでは活動不可能」という現実があります。

今回は「なぜ事務所と契約するの?」という観点を解説します。

音楽活動のマネージメント

「音楽アーティストの事務所の役割」の基本は音楽活動のマネージメントです。

「マネージメント」とは?

ただし「マネージメント」という言葉は少々厄介です。

過去にこのようなツィートをした事があります。

人によって「管理」だけだったり「経営」だけだったりと理解のされ方がマチマチな事が多いです。

「経営」でもあり「管理」でもある。

「音楽アーティストのビジネス的活動」の全てに絡んでくるのが事務所で、レコード会社や出版社などの他の組織と違うところです。

音楽演奏活動の基本は2種類

音楽アーティストの初期の活動としては、一般的に2つあります。

  1. 自身で企画して演奏する
  2. 依頼を受けて演奏する

前者であれば「企画」をして広告素材を作成して「宣伝」をし、チケットなどを「販売」していきます。

後者であれば依頼主クライアントからのオーダー内容や金額などを確認したり交渉したりします。

そしてどちらも本番後に精算を行い、次の案件の準備をしていきます。

音楽のビジネス活動は演奏だけではなく、楽曲を制作したりなど多岐に渡ります。
今回は分かりやすく理解できるように「演奏活動のみ」にフォーカスを当てます。

最初はセルフ・マネージメント

多くの音楽アーティストは、活動の初期は自分自身でマネージメントを行うことが通常です。

業界的に「セルフ・マネージメント」と呼ばれ、「どの事務所にも所属していない」状態です。

セルフマネージメントの別な使われ方

個人事務所を立ち上げた際にも「セルフ・マネージメント」という呼び方をする場合もあります。

個人事務所に所属(=契約)しているので、事務所に所属していない訳ではないですが、

  • 自分自身が経営に参画しているかどうか
  • 決定権、決済権があるかどうか

というニュアンスで使われる場合もあります。

セルフ・マネジメントでは、あらゆる事を自分で行う必要があります。

  • 企画計画やブランディング
  • 宣伝やクライアント・関係者とのコミュニケーションなどの営業活動
  • 商談・交渉・契約
  • 実演やそれに当たっての準備や確認など
  • 売上の請求や支払いなどの経理処理
  • 税などの計算や申告と支払い
  • ファンへの対応

活動初期は仕事の数も少なくファンの数も少ないので、自分自身で行うことも難しくありません。

とはいえ、ちゃんと普通に他のビジネスがやっている事をやろうとすると、それなりの量になるのが上記の項目から分かるかと思います。

セルフ・マネージメントの限界

活動量や仕事量が増えてくると自身でのセルフ・マネージメントでは直ぐに限界がきます。

もう一度書きますが、これらの業務が他の一般的なビジネスでは日常的に行われていることです。

  • 企画計画やブランディング
  • 宣伝やクライアント・関係者とのコミュニケーションなどの営業活動
  • 商談・交渉・契約
  • 実演やそれに当たっての準備や確認など
  • 売上の請求や支払いなどの経理処理
  • 税などの計算や申告と支払い
  • ファンへの対応

どの程度を実践していく必要があるかは意見が分かれるでしょうが、少なくとも「やれるべきことを全部やる」と1人のリソースでは中々に難しい量の業務タスクであることは想像しやすいと思います。

セルフ・マネジメントは仕事の量やクォリティの低下に繋がる

僕も経験がありますが、本番前のリハーサル中にも、次のクライアントから変更や確認、交渉などの電話がバンバン入ってきたりします。

全くもって仕事が進まないどころか、仕事全体のクォリティが下がる事にもなってしまいます。

またタイミング良く電話に出られなかったり、確認と返信が遅れることにより仕事を逃すなどの「機会損失」と呼ばれる経営ではあるべきではない状況が頻繁に発生するようになります。

チームとして音楽ビジネス活動を発展させる

趣味として音楽活動を行うのであれば、自分自身で出来る範囲でゆっくりとで良いですが、ビジネスとして生計を立てて数十年に渡り発展、安定させていこうと思うと個人では限界があります。

1人からチームとしてビジネスを昇華させる段階になります。

そこで登場するのが「事務所」です。

チームとしてビジネスを発展させるための「事務所」

音楽アーティストにとって、割と直ぐに「事務所」が必要になる理由がお分かり頂けたかと思います。

ファンや顧客の数が増えて千や万単位になると個人では対応に限界あります。

事務所が必要になった際に、一般的に2つの選択肢があります。

  1. スタッフを雇い、個人事務所を立ち上げる
  2. 既存の事務所にお世話になる

今回は「音楽アーティストにとって事務所が必要な理由」がテーマですので、この当たりはまた次のタイミングで書こうと思います。

ではまた。

コメント

メールアドレスをご登録いただけますと、岩崎将史の最新情報やブログ更新情報などをお届けいたします。
岩崎将史メルマガ登録はこちら
タイトルとURLをコピーしました