音楽や音楽の活動、製作などを学べる記事

PC・スマホ・タブレット

Chia 2枚組ベスト・アルバム「Pure Memories」

Chia-2枚組ベスト・アルバム「Pure-Moon」スタジオ・レコーディングの仕事
この記事は約9分で読めます。

岩崎将史まさふみです。
僕が携わらせて頂いた作品紹介です。

Chiaチアさんの2枚組ベスト・アルバム「Pure Memories」が4月1日よりリリースされます。
全部で25曲という大作になっています。

ダイジェスト動画を作成しましたが、Disc 1とDisc 2の2枚あるので、2つの動画に分けました。

Chiaさん

岐阜市出身。本名 日比野千晶。 3才からピアノを始め、「岐阜県小中学生作曲コンクール」で最優秀賞を受賞するなど幼い頃から才能を発揮。名古屋音楽大学在学中より演奏活動を開始し、2005年 ジャズシンガーとしてCDデビュー。全国ツアーを展開し「名古屋ブルーノート」「NHK‐セッション」等に出演。『めいほう高原音楽祭』には2006年から3年連続出場し、大野俊三、小曽根真、平原綾香など有名アーティストとの共演も話題を呼んだ。 2019年までに7枚のアルバムをリリース。現在は名古屋、岐阜を中心にイベント、ライブ、JAZZヴォーカル講座など幅広く活動。作詞作曲も手掛け、空間を包み込むSweet & Pureなフェアリーボイスが人気。

オフィシャルサイトより

Chia「Pure Memories」ダイジェスト動画 Disc 1/2

Chia|Pure Memories【ダイジェスト1/2】

この曲の1曲目「It Don’t Mean A Thing」が新録になります。

アレンジ青柳誠さん。

青柳誠さん

 1982年、フュージョンバンド”ナニワエキスプレス”のサックス&キーボード奏者としてデビューし、解散、再結成を経て現在も活動中。ピアニストとして、自己リーダージャズアルバムを2枚リリース。コンテンポラリージャズグループ”EQ”、アコースティックユニット”森”などでも多くの作品をリリースしている。ブルーノート東京オールスタージャズオーケストラの一員としてジョン・ファディス、イヴァン・リンス、マシュー・ハーバート、マーカス・ミラー、ジェイコブ・コリアーらと共演。
またサウンドプロデュースやアレンジ、ツアーのバンドマスターとして、谷村新司、岩崎宏美、paris match、松下奈緒、森山直太朗、柴田淳、JUJU、情熱大陸イベント、ライブ・イマージュ、ローソンマチカフェ、NHK「明日へつなげるライブ」「うたコン」など多くのアーティストや企画プロジェクト、テレビ番組の音楽にも携わっている。

オフィシャルサイトより

バックトラックは全てサクソフォーンのアレンジです。
そしてそのサックスつづらのあつしさん。

つづらのあつしさん

大阪音楽大学サキソフォン科卒業。赤松二郎に師事し、大学在学中よりプロ活動開始。
卒業後には北野タダオとアロージャズオーケストラにテナーサックス奏者として在籍した。
現在は、多くのアーティストサポートや、TV・映画・CD等レコーディングに参加。’07年「第18回めいほう高原音楽祭」では音楽監督を務めた。

オフィシャルサイトより

バックトラックのレコーディングは東京で行われ、Chiaさんのボーカル・ダビング以降の作業をフルハウスで行いました。

ミックスはつづらのさんも交えて一緒に。

Chiaさんとの最初のレコーディング

Chiaさんとの出会いは16年前の2004年
1st アルバムのレコーディングで相談を頂いてからでした。

フルハウスのホームページを見つけてご連絡頂きました。
偶然ですが僕の母校である名古屋音楽大学の先輩にあたります。

1st アルバム「Pure Moon」のレコーディング

1st アルバムのレコーディング2004年。(リリースは2005年)
バンドの録音はフルハウスではなく名古屋東山にあるヤマハのスタジオ「WINGウィング」で行いました。

ヤマハ東山WINGスタジオ 2004年当時

フルハウスでヤマハ音楽振興会の委託を請け、このスタジオの運用を行っていました。
残念ながら2007年にヤマハが全国に所有していたスタジオを全て閉鎖させることになり、現在は音楽教室の部屋になっています。

豪華メンバーによるレコーディング

そのレコーディングは豪華メンバーによるレコーディングでした。
ピアノは故・佐山雅弘さん。

佐山雅弘さん

1984年から現在までリーダー作として20枚、PONTA BOXとして10枚のアルバムをリリース。美しさと激しさが渾然となったピアノプレイは全ての聴衆を魅了し、共演するあらゆるジャンルのアーティストたちからも絶大な信頼を得ている。また、ピアニストとしてのみならず、作・編曲家としても高い評価を得ており、コンサートやTV番組の音楽監督も数多く手がける。PONTA BOXでは、オリジナルメンバーとして活躍。「モントルー・ジャズフェスティバル」を始めとするジャズフェスティバルや、フジテレビ系「ニュースJAPAN」へのレギュラー出演などで、日本を代表するピアニストとしての地位を不動のものとした。

オフィシャルサイトより

佐山さんはその後、僕の母校であり非常勤講師も努めている名古屋音楽大学の客員教授に就任されています。

ベースは納浩一さん。

納浩一 (おさむこういち)

1960年10月24日、大阪生まれ。京都大学卒業後バークリー音楽大学に留学。
’85、’86年度のバークリー・エディ・ゴメス・アウォード受賞。
’87年に同大学作曲編曲科を卒業。
帰国後は都内のライブハウスやスタジオセッションを中心に活動。
’96年〜’08年、渡辺貞夫グループのレギュラー・ベーシストとして、全国ライ ブハウスや、モントルージャズフェティバルを初めとする、海外ジャズフェスティバルなどに多数に出演した。
’01 年より、大坂昌彦、小池修、青柳誠の3人とともに作ったユニット「EQ」で、8枚のアルバムのリリースし、2004年度の東京ジャズなど数多くのライブ活動を積極的に展開してきた。

オフィシャルサイトより

納さんとは昨年ねんも何度か別の仕事現場で一緒になりました。
そのうちお知らせできるかと思います。

ドラムは岩瀬立飛さん

それに今回の新録でも関わられたつづらのさんと青柳さんも参加してのレコーディングでした。
1日で確か10曲近くの録音を行った記憶があります。

その1枚目からも何曲か今回のベスト盤に収録されています。
この2曲目のFly Me To The Moonがその日に録音した1曲目で、今でも印象に残っています。

Chia|Pure Memories【ダイジェスト1/2】

その後、6枚のCDをリリース

その後、Chiaさんは7枚のCDをリリースされています。
今回のベスト盤で8枚目。
僕はタイミングが合わなかったりで2枚目以降は携わっていないのですが、15年ぶりに携われることになりました。

ベスト盤のマスタリング

新録1曲のミックスを行いトラックダウンを終えたのちは、全曲のマスタリング作業を行いました。

過去の音源の全てをお預かりし聴いていきました。
選曲や曲順なども相談いただいたので、僕なりに意見を言わせて頂きました。

当然ですが、全曲を並べて聴いてみると録音やミックスをした年代や場所もバラバラです。
そのため音量や音質などの差が大きく、そのまま並べても違和感なく1枚のCDとして聴くことはできません。

違和感なく通して聴こえるサウンドにするべく、EQとコンプレッサーで調整していきました。

マスタリングEQとコンプレッサー
フルハウスで使っているマスタリング用EQとコンプレッサー。
Manley Massive Passive EQ & SLAM Mastering Version

Disc1とDisc 2を合わせるかどうか

同じDisc内に収録されている曲は通常通りにマスタリング。
少し迷ったのはDisc1とDisc2を統一させるかどうかです。

Disc1バンドアンサンブルが中心。
Disc2 はパート数の少ないアコースティックアンサンブル

オリジナル・アルバムのコンセプトが違うので、それぞれでダイナミクスの基準が違います。
アコースティック・アンサンブルのDisc2の方が当然ながら、聴感上の音量レーベルは高くDisc 1のバンドレベルに合わせてしまうと、せっかくのBit深度の有利差が損なわれてしまします。

Chiaさんとも協議しまして今回は敢えて、Disc 1とDisc 2は合わせないことにしました。
オリジナル音源の良さを可能な限りそのまま残しながら、通して聴いたときに違和感を感じなように調整しながらマスタリングを進めていきました。

Chia「Pure Memories」ダイジェスト動画 Disc 2/2

Disc 2ダイジェット動画がこちらです。

Chia|Pure Memories【ダイジェスト2/2】

YouTubeでDisc 1とDisc 2を聴き比べると、その差は感じないと思います。

少し専門的な話になりますが、YouTubeでは自動でラウドネス・レベルと言われる基準で自動の音量調整が入ります。
基準を超える音量の動画は下げられます。

計測するとDisc10.8dBDisc 22.3dBの調整が入ってますので、1.5dBの差があります。
マスタリング時のレベル差とぴったり一緒でした。

CDプレス

CDプレスも担当させて頂きました。

フルハウスは仕様にあわせて、いくつかの工場と提携しています。
今回はデジパック2枚組という、紙ケースにCDトレーのついた豪華なパッケージ
この場合、1番良いのは台湾の工場ですので、そちらへオーダー。

昨今の情勢で少しスケジュールの不安もありますが、台湾工場は今の所問題なく稼働しています。

CDの購入方法

そして完成したCDです。

4月1日からの発売です。
CDはフルハウスWEBショップアマゾンで買えます。
フルハウスで買ってくれる方が少しだけ嬉しいです(笑)。

Chia「Pure Memories」

では、また。

コメント

メールアドレスをご登録いただけますと、岩崎将史の最新情報やブログ更新情報などをお届けいたします。
岩崎将史メルマガ登録はこちら
タイトルとURLをコピーしました