サーバーを「さくら」から「エックスサーバー」に乗り換えた話

PC・スマホ・タブレット【レビュー】
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、岩崎将史まさふみです。
今回3つのWEBサイトをリニューアル兼ねて、レンタルサーバーをさくらインターネットからエックサーバーへ引越しました。
世界がめっちゃ変わりました。

さくらサーバーは遅すぎ

いきなり書いてしまいました。
十数年ほど「さくらインターネット」のレンタルサーバーを使っていました。
さくらサーバーは遅すぎてオススメしないというのが僕の結論です。

エックスサーバー に移行したらめちゃくちゃ快適になりましたので、その辺りを解説します。

僕はWEBは素人同然です。このブログと自分のHP。そして会社のHPと、ケアをしているいくつかのアーティスト。あと知り合いとかに頼まれていくつかスモールビジネスやショップのサイトを作っているだけです。なので狭小な知識しかありませんが、そんな素人が実際に体感した話として参考になれば幸いです。

なぜエックスサーバーにすべきなのか?

さくらインターネットからエックスサーバーにここ3ヶ月で、3つのサイトを引っ越しました。
実際に使ってみた感じとして、あきらかに大きな差がありました。

圧倒的に早い

圧倒的に早いです。
どれくらい早いかというのは後述します。
倍とかそんなレベルではないです。

値段はそれほど変わらない?

値段もそれほど変わらないです、というと嘘になります。
どれくらい違うかと言うとこんな感じ。

さくらインターネットエックスサーバー
初年度合計費用6,296円16,500円
2年目以降の年間費用5,238円13,200円

倍以上、違う…

比率でみると確かに。
でも、僕の感覚からすると、

岩崎
岩崎

性能や成果を考えたら誤差の範囲か安いくらいだも〜

です。
この辺りは詳しく後述します。

両社を使うことになった経緯

なぜ、さくらインターネットとエックスサーバーの両方を使うことになったのかを書きます。

なぜ「さくらインターネット」のレンタルサーバーにしていたのか?

2001年の法人設立時にドメインとサーバーの契約や管理は、知り合いのネットワーク屋さんに対応をしてもらいました。

最初はファーストサーバーという所を勧められて使っていたのですが、その会社が程なくサーバー事業から撤退するとの情報を頂き、

ネットワーク屋さん
ネットワーク屋さん

さくらインターネットというのが安くてユーザー数も多いから安心

ということで、お任せしていました。

特にレンタルサーバーを他社と比べて使ったこともないので、使い始めた当時から最近まで、特に遅いとは感じませんでした。
会社内では自前でMacOSXサーバーも構築していたのですが、それと比べても速度に特に違和感はない感じでした。

エックスサーバーにした経緯

その後、僕の周りでエックスサーバーを使っている人が凄く増えていました。
特にサイト運営で成果を出している人にエックスサーバー利用者が多かったです。

管理画面なども分かりやすく、サービス対応も早いと聞いていたので、何かのときには使ってみようかなと、思っていました。

それで今回のSSL対応へのリニューアルを機に、サーバーを引っ越ししてみました。

最初はファーストサーバー撤退の件があったので、

岩崎
岩崎

リスク分散でレンタルサーバー会社をサイトによて分けておくのもありかモ〜

くらいの気持ちだったのです。

具体的にどれくらい変わったのか?

引っ越ししてみた結果、めちゃくちゃ早くて使いやすかったです。

岩崎
岩崎

もっと早くエックスサーバーにしていれば良かったも〜

さくらサーバーで新HPを構築したとき

先日、リニューアルした会社サイトですが、さくらインターネットのサーバーで作成して完成したらエックスサーバーで公開するという方法を選択しました。

使ったテーマが重かった

会社サイトの構築にあたりブログと違って、少しビジュアル面もちゃんとしなければなりません。
(と、僕は考えました)

ブログ記事を書くには今使っているテーマはとても快適ですが、会社サイトが「いかにもブログ」ではまずいので、デザイン自由度が高そうな奴をえらびました。
当然ですが、その分は動作が重くなります。

実際にコンテンツの作成を開始したら、中々に辛い…。

  • ページを更新するたびに4~5秒は待たされる。
  • 記事一覧を見ようものなら1Pみるのに5~6秒。
  • 記事検索をしようものなら10秒程度は常に待たされる

中々に厳しい感じでした。

画像ライブラリを開こうとすると10秒から下手をすると30秒程度またないと一覧画像が見れない。
キーワード検索も同様です。

岩崎
岩崎

こ、これは…サイトリニューアルは時間かかるモ〜。
テーマ変えるべきかモ〜

と悩みながら制作していました。

1日に何回も止まる

そして最悪なのが頻繁にアクセス不可になることです。

遅くなり方をみていると、どうもデータベースへのアクセス効率が悪いようで、記事やイメージファイルが積み重なるたびに、動作の重さが増してくるように感じました。

あくまでも体感上の推測です。

複数のイメージファイルをアップロードや検索をしたときに、記事を更新する際に頻繁にアクセス不可になりました。1~3分ほど待つと復活します。
エラーメッセージから推察するに、これもデーターベースのインデックスなどが追いついていないように感じました。

こちらも。あくまでも体感上の推測です。

サイト作成中に10分に一回は止まる、という感じでした。

エックスサーバーで引っ越しした後は…

なんとかサイトを完成させて、エックスサーバーへの引越しを済ませました。
そしたら…

めちゃめちゃ早い!

なんでしょう、この速度。
今まで何かページを開くたびにChromがクルクルするのを眺めて数秒待ってからしか作業できませんでしたが、エックスサーバーへ引越しをしたら全てが1秒以内。

岩崎
岩崎

早いっていってもどうせ2~3割とかでなんだろうも〜

と、イメージしていたのです…。
完全に予想はハズレ、ここまで変わるものなのかと驚きでした。

流石、全台完全SSD化、高速化実現を謳っているだけの事はあります。

とあるテーマのインストール時などは、さくらサーバーでは合計30分以上かかったインストールが、エックスサーバー では10分位で完了しました。
本当に驚きでした。

10秒以上待ったイメージ検索も一瞬

一瞬というと言い過ぎですが、1秒~3秒で表示されます。
さくらサーバーのときは最低10秒待ちという感じでした。
(それぞれ同じ激重テーマのときの話)

友人
友人

エックスサーバーはイメージファイルを最適化してサーバー内の直下に構築するので早いらしいですよ。

との事。

岩崎
岩崎

なるほども〜

コントロールパネルもわかりやすい

めちゃめちゃ分かりやすいコントロールパネルです。

ワードプレスに必要なhtaccessやini.phpなでも、コントロールパネル上から編集が可能でした。
さらにグーグルアナリティクスやサーチコンソールなどの認証に必要な要素も、FTPツールを使うことなく触れました。

初心者でもとても楽にサイト構築ができます。

まとめ

まとめとして、

  • さくらサーバーは激遅い。
  • エックサーバー激早い
  • 料金は違うけど、年間1万円
  • さっさと乗り換えよう

が、今回の教訓です。

他のサイトも順次引っ越ししていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました