音楽や音楽の活動、製作などを学べる記事

PC・スマホ・タブレット

ザ・ベストアベレージのレコーディング〜マスタリング

スタジオ・レコーディングの仕事
この記事は約5分で読めます。

岩崎将史です。

作編曲、サウンドプロデュース業をフルハウスという会社でやってます。
音大でも教えたりもしています。

今日はは名古屋のポップロックバンド、「ザ・ベストアベレージ」のCDマスタリングでした。
バンドにとっては4作目のCD。
1作目から僕のスタジオ「フルハウス」でレコーディングしてくれています。

最初は、名古屋市内の別のスタジオでレコーディングを開始していましたが、ボーカルの近藤さんからスタジオに相談がきました。

ベスアベ近藤さん
ベスアベ近藤さん

録音が思ったように進まなく、心がズタズタになりそうです、、、、

岩崎
岩崎

それは只事じゃないモー。どうしたモー?

詳しく聞いてみると、

でた!よくあるパターン

スタジオは駅近でそこそこ広いながら、スタジオ代をエンジニア代を合わせた金額が、エンジニア代の業界一般的なギャラより安いスタジオ。
名古屋にはそういうスタジオがいくつもあって、賑わっているようです。

ベスアベ近藤さん
ベスアベ近藤さん

3曲入りのCDなんですけど、録音終わってミックスも始まってるんですが、全然イメージと違っていて…

岩崎
岩崎

ふむふむ、それはミックスがうまく言ってない感かモ〜?
録音は良い感じだったかモ〜?

ベスアベ近藤さん
ベスアベ近藤さん

録音の時も音が微妙な感じだったんですけど、「ミックスでよくなるから」って言われてたんですけど、全然よくならなくて…

うん、いつものパターン。

我々プロの世界では録音が全てで、ミックスってのはあくまでも調整。
理想の録音進行はミックスなんてしなくても、素晴らしいサウンドになっている状態。
理想はであって、ある程度は絶対触るものではありますけどね。

料理で置き換えるなら「新鮮で粋の良い食材」であれば「どう料理しても美味しい」が、鮮度の悪い生臭い食材持ってこられたら「調味料漬けにして誤魔化すしかない」です。

そして恐る恐る…

岩崎
岩崎

ちなみにコレまででいくらくらい使ってきたモ〜?

ベスアベ近藤さん
ベスアベ近藤さん

〇万円くらいです(涙)

岩崎
岩崎

!!!

はい来た〜。
1時間あたりの料金は安いけど、すっごい時間かかってフルハウスでやるよりめっちゃ高くなってるパターン。
そしてサウンドは微妙という…。

現状の音声ファイルを送ってもらい聴いてみて、

岩崎
岩崎

曲もアレンジも演奏も良いモ〜。
サウンドは残念だけど、取り直した方が良いかも。

ベスアベ近藤さん
ベスアベ近藤さん

やっぱりそうですよね〜。どれくらいかかりますか??

岩崎
岩崎

多分だけど今まで使ったお金の70%くらいで完成まで全部いけると思うモ〜。
普通、それくらいだモ〜

そんなやりとりがありまして、バンドメンバーで検討の上、フルハウスで録音しなおして頂けることに、というのが最初の彼らとの出会いでした。

どれくらいの時間で、どんな感じで進んで言ったのか?
というのを、書いて見たいと思います。

これまで3枚のCDをリリース

これまで3枚のCDをリリースして、それぞれリード曲の動画がありますので、ご紹介。

The Best Average「味方」

フルハウスで録音。
録音とミックスはフルハウス山田貴希力に任せました。

若いバンドはできるだけ若いエンジニアやってもらった方が良いかなと思っています。
指名いただければ僕ももちろん頑張ります。

そしてマスタリングは僕が担当させて頂きました。

The Best Average「アイスキャンディー」

もう1本、前作動画のご紹介

こちらも同様に、録音・ミックスを山田に任せ、マスタリングを僕が担当させて頂きました。

新CDは今年4枚目のタイトル

今作の新CDは3曲入りのシングルCD。
1年の間に4枚のCDをリリースすると言うハイペース。
気合溢れるバンドです。

レコーディングは2日

今回、3曲のレコーディングを2日間で行ないました。

2時間ほど、楽器のセットアップ、チューニング、音色作りなどをじっくりと行い録音開始、1曲2時間ほどのペースでバンドパートを録音を進行。

全員で演奏しながら、いくつかアレンジを試したりしつつ、一番良いテイクを選択。

計8時間ほどで、バンドパートの収録を終え1日目は終了しました。

バンド録音 ライブルーム

ドラム以外は同じ部屋で演奏。ギターアンプなどは別部屋で鳴らします。

バンド録音ドラムルーム

ドラムのみ別部屋で録音。ガラス越しに皆んなが見えるようになっています。

2日目でソロ楽器やボーカル、バックグランドボーカルなどのオーバーダビング(被せ録音)を行なって、レコーディングは終了しました。

ソロダビング

編集とミックスダウン

編集とミックスは今回はすごく丁寧にやりたいとのバンドの意向もあり、1曲に3~4時間程度を掛けています。
今回は、3曲ありましたので、編集とミックスで全部で1.5日のほどの作業。

その後、マスタリング作業へと移行します。

マスタリングは1曲30分

ポップス、ロック系のバンドだとマスタリングは1曲30分くらいの作業時間を頂いてます。

トータルの質感、音量レベルを調整。ミックス時には見えなかったであろう細かいブラッシュアップを行います。

コンプレッサーやイコライザーという写真のような機材を使って行います。

Manley Massive Passive EQ & SLAM Mastering Version

レコーディング〜マスタリングまで、計4日の滞在

レコーディング2日、編集&MIXとマスタリングで2日。完成までに全工程4日のセッションとなりました。

メンバー全員がまだ学生で、完全に自費でのCD制作にも関わらず、キッチリと作品を作っています。

意欲、意識がとても高いバンドです。

最後に、2作目のCDの動画もご紹介。

The Best Average「ココローテーション」

自分たち主催のライブだけでなく、色々なライブイベントなどにも出ているようです。

彼らのサイトがありますので、ぜひチェックしてあげてください。

ザ・ベストアベレージ オフィシャルサイト

今回録音した作品もYouTubeになると思うので、公開されたらまたお知らせしたいと思います。

では、また。

コメント

メールアドレスをご登録いただけますと、岩崎将史の最新情報やブログ更新情報などをお届けいたします。
岩崎将史メルマガ登録はこちら
タイトルとURLをコピーしました